日本海の離島「佐渡」で暮らす フリーランスママの日常

雪遊びから学ぶ、嫌いな物の乗り越え方

 
  2018/12/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
離島在住フリーランスママとして、島で育つ子供が未来に希望を持てるような活動をしたいと、佐渡の魅力や島でのライフスタイルも紹介しています。 自分軸で生きることの大切さ、一人一人が大切な存在であることをお伝えする活動をしています。

私、佐渡の冬がとにかく嫌いです・・・

強風、雨、雹、雪・・・雪国に住む大人にとっては、寒いのは嫌だし、雪は除雪も必要だし、運転もし辛くなるし・・・で負の要素が強い物です。

しかし、先日息子との会話でこんな事がありました。

 

「寒いし冬嫌いだな~」と私が言うと、「えっ!僕冬大好き!」という息子。

理由を聞いてみると、雪遊びができるからだそうです。

大人にとっては、嫌いな雪でも、子どもにとっては、最高の遊びができるもの。

そう言えば、大阪で育った私は子供の頃に雪遊びなんてほとんどした事がありませんでした。

あの時はわざわざ父親にお願いして雪がいっぱい積もっている所に遊びに連れて行ってもらったりもしていた事を思い出しました。

という訳で、この冬は私も雪遊びを本格的にする事にしました!

子供達のリクエストの恐竜やうさぎを雪で作ります!

(できれば本格的な物を作りたい笑)

 

こう考えると、雪が降る事に対して、ポジティブに考える事ができるようになりました!

嫌いな物や苦手な物に立ち向かう時、乗り越えたいと思う時は、それを楽しんでいる人から学ぶ事が解決の1つなのではないかと思います!

あなたの嫌いな事、もしかしたら楽しんでいる人がいるかもしれませんよ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
離島在住フリーランスママとして、島で育つ子供が未来に希望を持てるような活動をしたいと、佐渡の魅力や島でのライフスタイルも紹介しています。 自分軸で生きることの大切さ、一人一人が大切な存在であることをお伝えする活動をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 島ぐらし , 2018 All Rights Reserved.