日本海の離島「佐渡」で暮らす フリーランスママの日常

世界中がコロナで大パニックの頃の島ぐらし

 
  2020/04/06
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
離島在住フリーランスママとして、島で育つ子供が未来に希望を持てるような活動をしたいと、佐渡の魅力や島でのライフスタイルも紹介しています。 自分軸で生きることの大切さ、一人一人が大切な存在であることをお伝えする活動をしています。

世界中がコロナで大騒動になった時。

佐渡の学校も休校が決定しました。

家で仕事をしている私にとって、子供が家にいるとそれはそれは捗らない・・・

臨時学童と保育園を時々利用させてもらいながら、過ごした日々、感じたことをまとめます。

島ぐらしは、かなり恵まれていた

島を渡った先の新潟市内では感染が結構広がっていましたが、ありがたいことに、島には感染が広がっていませんでした。(2020年3月25日現在)

そして、島は人混みとは無縁の場所です。

人混みを避けて遊べる場所があるという点で、かなり他の地域とは状況が違っていたと思います。

急遽決まった、長期休暇・・・この際、いつもできないことをしよう!!と決めて、貴重な体験をすることに意識を向けてみました。

我が家のコロナ期間中の過ごし方

  • 朝日や夕日を見に行った
  • 朝ごはんをカフェに食べに行った
  • マラソンの練習を始めた
  • 学校からの体力UPの課題を家族皆で取り組んだ
  • 子供たちが料理づくりをしてくれるようになった
  • 車の中で海を見ながらお弁当を食べる
  • アマゾンプライムやレンタルDVDなどで映画
  • 早朝仕事に切り替えたり、旦那が休みの日にまとめて仕事をしたり

これらが、我が家でのコロナ期間中に取り組んだことや、変化したことです。

外出自粛なのに、結構出かけてる^^;;
人混みを避ければいいかなという、安易な考えもあったかもしれないなと思う部分もあります。

けど、普段は学校や保育園の時間を気にしてできないことと、特に自然が多い佐渡だからこそできることに注目するして過ごしてみました。

人混みがなく、自然豊かな島ぐらしは素敵!

コロナによる大パニックを経験し、佐渡ってなんて恵まれているのだろう!と心底痛感しました。

現時点では、他の地域に比べると、はるかにのびのびと暮らすことができているのだろうなと思います。

今後、又状況が変わる事もあるとは思います。
この先、どのような形でいつコロナが終息するかはわかりませんが、世界中の状況が一刻も早く終息することを願います。

現時点では、貴重な時間と今後の暮らし方を考える事ができたことに感謝し、今回体験したこと、始めたことが、今後の生活にも良い影響になるといいなと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
離島在住フリーランスママとして、島で育つ子供が未来に希望を持てるような活動をしたいと、佐渡の魅力や島でのライフスタイルも紹介しています。 自分軸で生きることの大切さ、一人一人が大切な存在であることをお伝えする活動をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 島ぐらし , 2020 All Rights Reserved.