日本海の離島「佐渡」で暮らす フリーランスママの日常

ビジネスでの挫折

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
離島在住フリーランスママとして、島で育つ子供が未来に希望を持てるような活動をしたいと、佐渡の魅力や島でのライフスタイルも紹介しています。 自分軸で生きることの大切さ、一人一人が大切な存在であることをお伝えする活動をしています。

家族の事を考えて、場所に囚われずにパソコン1台でできる仕事を探していた私ですが、特技や好きな事をビジネスにしている人が周りにいる中で、当時の私はそれが何か分からずにいました。

そんな時に転売が一番簡単で結果が出やすいと聞き、在庫を持たなくていい転売ビジネス(BUYMA)を始めました。

約五年以上取り組み2000件以上の取引経験を生み出した私ですが、ここでも挫折がありました。

ビジネスでの失敗や挫折は、これまでのやり方が通用しなくなった時、変えるべきタイミングに起きます。

色々あった中で「スタッフさん裏切り」の経験について、貴重な経験と学びがありましたので、お伝えしたいと思います。

私の取り組んでいた輸入代行業(BUYMA)での仕事は、複数の外注スタッフさんと協力しながら取り組むビジネスなのですが、ある日、サイトに出品した商品ページを全て削除されてしまいました。

約1500商品ぐらいあったと思います。

ログインパスワードを知っている外注スタッフさんが、その時7名おられ、その中の誰かが犯人と考えられます。

運営サイト大元(BUYMA事務局)に確認しても犯人は分からず、一括操作で消えるようなシステムではない為、手間をかけながら誰かが消した事が予想されます。

ある程度結果が出始めた所ではあったのですが、その時の外注スタッフさんは全員離れていただき、又0からスタートする事になりました。

特別関係が悪かった人もおらず、BUYMA実践者の外注さんトラブルの中でも稀な例で、とても不思議な出来事だったのですが、これにもやはりいくつかのメッセージが隠れていました。

挫折からの学び

当時の私は、早く結果を出したいという気持ちだけで、考えや主張を外注スタッフさんに押し付けていたのだと思います。

ビジネスで結果を出すには成功者から学ぶ事が最速です。

とは言っても、人の気持ちに対してや接し方の部分は、成功者の方法を真似するだけではなく、自分らしさを加えることが重要になってくると思います。

外注さんに対する接し方が、自分の考えとズレていたにもかかわらず、成功者のやり方を真似していた私は、結果や利益だけを追い求めるだけになってしまい、大切な物が置き去りになっていたのだと思います。

ビジネスでの失敗には、人とのつながりや、自分の本質を見つめ直すタイミングに起きます。

そして、このハプニングが大きなギフトになる可能性が潜んでいると私は思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
離島在住フリーランスママとして、島で育つ子供が未来に希望を持てるような活動をしたいと、佐渡の魅力や島でのライフスタイルも紹介しています。 自分軸で生きることの大切さ、一人一人が大切な存在であることをお伝えする活動をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 島ぐらし , 2020 All Rights Reserved.